紅の豚

劇場公開日:1992年7月18日
上映時間:93分

あらすじ

1920年代、イタリアを舞台にした。主人公のポルコ・ロッソは元軍人のパイロットだったが、豚の姿になってしまい、空賊を倒して賞金稼ぎで生きていた。

深紅の飛行艇を駆る豚のポルコは、かつてイタリア空軍のエースだったが、今はアドリア海の小島に隠棲し、空中海賊(空賊)退治を請け負う賞金稼ぎとして生きていた。マンマユート団たち空賊連合は、いつも商売の邪魔をするポルコを目の敵にしている。ある晩、昔馴染みのジーナが営むホテル・アドリアーノに出かけたポルコは、米国製の飛行艇を操るアメリカ人カーチスに出会う。カーチスは空賊連合が雇った用心棒だった。

しばらく後、愛艇のエンジン整備のためミラノに向かって飛んでいたポルコは、カーチスと遭遇し撃墜されてしまう。ポルコが大破した愛艇をミラノの工房ピッコロ社に持ち込むと、待っていたのはピッコロの孫で17歳の少女フィオだった。ポルコは驚くが、フィオの熱意に絆されて設計を任せる。

一方、ファシスト政権に非協力的なポルコは、ミラノでも秘密警察や空軍に狙われていることが判る。警告に来たかつての戦友は空軍への復帰を薦めるが、ポルコにそのつもりはない。ホテル・アドリアーノでは一目ぼれしたカーチスがジーナに求婚するが、ジーナはポルコを待ち続けていた。

キャスト

森山周一郎

加藤登紀子

岡村明美

桂三枝

 

スタッフ

監督【宮崎駿】

脚本・絵コンテ・制作プロデューサー【宮崎駿】

製作総指揮【徳間康快】

予告

【動画1】TSUTAYA
【動画2】 U-NEXT
【動画3】hulu
【動画4】 auビデオパス
【動画5】KissAnime

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で